Vision - ビジョン -

世界中の人々を魅了する会社を創る

全ての社員が誇りを持てる組織と事業の創造にこだわり、関わる人々がファンとして応援したくなるような魅力ある会社であり続けます。
そして日本を代表するグローバルカンパニーとして、世界中の人々から必要とされる存在を目指します。

Top Message - 創業の想い -

私が就職活動をしていた1997年当時は、インターネットがまだ普及しきっておらず、携帯電話も学生の1/3くらいは持っていない、まだそんな時代でした。勿論当時はGoogleさえも存在していません。
そんな時代に電話帳のように分厚い就職情報誌を頼りに就職活動をしていたわけですが、どこの会社の説明会に行ってもどうしても興味が沸かない。自分の人生の貴重な時間を投資して、本気で何かを目指したいと思える仲間に出会えない、そんなもどかしさに苛立っていたことを覚えています。

そんな一方で、アスリートやアーティストといった人達に対しては一種の憧れがありました。
まさに情熱大陸やプロフェッショナルで特集されるような人達です。
彼らは本気で夢や目標に向かって仲間と共に切磋琢磨しながら日々を過ごしている。ではなぜビジネスという世界においては、彼らのように本気で夢や目標に向かって切磋琢磨しているようなチームが見つからないのか、なぜ出世や肩書、給与などばかりに関心が向けられているだろうか。そんなことを疑問に思っていました。

一般的な社会人であれば、仕事に関わる時間は家族と過ごす時間以上に長いことがほとんどでしょう。
その時間が家族の生活を支えるためだけのものだとするならば、少し寂しく感じます。

「たった一度の人生だからこそ、最高の仲間と世の中に価値ある何かに挑戦し続ける人生でありたい。」

いつしかそんなことを考えるようになりました。
しかしどれだけ探してもビジネスの世界にはそんなチームは見当たらない。
であれば自分で作ればいいじゃないか。そんな想いからいつしか起業を志すようになりました。
今思えばなんて世間知らずで幼稚な発想だったのだろうと思いますが、この想いが今でも創業の原点になってます。

アスリートのチームのように、全員が本気でチームの夢を追いかけられる、そんな理想の組織を創ってみたい。
少しずつ社会人としての経験を積む中で、資本市場や株式会社の仕組みなど、いろいろと学ぶことによって成長してきたつもりではありますが、最終目指している組織像は創業当時と何ら変わりません。

人生で最も貴重な時間という資源を投資して一緒になって夢を追いかけてくれる仲間達と共に理想のチームを創り上げ、世の中に価値ある何かを生み出すために挑戦し続けるような人生を送りたい。ビジネスの世界において、スラムダンクの湘北高校バスケ部のようなチームを創りあげたい。それが創業以来変わらぬアトラエが目指す姿です。

いつか私が一線を離れた後も、次世代の経営陣や仲間達によってこの想いが引き継がれ、世界中の人々がファンとして応援したくなるような会社に近づいているようであれば、創業者冥利に尽きます。

About Atrae - 社名の由来 -

【atrae】とは

スペイン語で「魅了する」「引きつける」の意。
原型はatraer(アトラエール)。動詞 atraer(アトラエール)の第三人称活用形。